SEの心構え

昔の記事を整理していたら見つかった文章があったのでまとめてみる。


まあ、♪そんな風に僕たちも〜生きて行けたら素晴らしい〜的な希望的なものばかりで実現できてないものが多いけど。

優れたエンジニア

優れたエンジニアは仕事のうち9割の時間を割いてスクリプトを完成させ、1割の時間を稼ぐことを好む。めんどくさがりな人ほど実はエンジニアには向いているのかも?

タイムラインベース

文書を作成する時は、「番号+日付」で「タイムラインベース」で管理。タイトルで切り分けるよりもいつごろ何をしていたかのほうが思い出しやすい。

読み倒し

辞書を読み倒す。普段使わないような言葉にこそ新しい発見がある。

リーダとしての仕事術

チームのリーダとして仕事する時の心構え。自分がやれるけど、細かい仕事は下の人に振ってしまう。自分のスケジュールはなるべくあけておく。

ツールとお仕事

ツールはなるべく入れない。ツールになれてしまうと、それが使えない環境で仕事をすることになった場合に対応できなくなるので、なるべく標準で慣れておく。*1

もっとも簡単な整理法

もっとも簡単な整理法はものを持たないことだ。いるかも?いらないかも?と迷ったら、即捨てる。→あとで管理するときに管理コストが嵩む。

スピードと品質

スピード < 品質。早いから凄いわけではない 。

趣味 vs プロ

趣味プログラマとプロとの間には明確な違いがある。趣味プログラマは制約もなく好き勝手にできるのでプログラムが複雑になってきたら簡単に放棄したりできるけどプロとして仕事でやっている人はそうはいかない。どんなに嫌でも納期を守って仕上げなければならないためソースは見るも無残な姿になってしまう。

*1:でも、プライベートでは新しい物好きでツール満載ですが...