効率のよい開発

結局、システム作りはいかに効率よくシステムを開発できるかにかかっているようである。例えばシステムを作成する言語にJavaを選択しようが、ASP.NETを選択しようが、ユーザから見てみれば、動けば同じなのである。

そこで、SEやPGに求められるのは、以下に効率よくプログラム(システム)を作成するかにかかってくると思われる。数年間働いてみて思ったことは、いかにキレイなプログラムを書こうと、汚かろうと、最終的な成果物のみで評価されてしまうのが現実なのである。

そのため、「いかに効率よく開発できるか」という視点にシフトチェンジすべきではないだろうか。
今存在している言語が未来永劫ずっと反映するとも限らない、次々と新しい言語が登場してくるのが世の常であるため、この原則は非常に重要なのではないだろうか。