読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部下指導

別に自慢じゃないんだが、今まで働いてきて上司からこっぴどく
しかられたことがない私(卒なく仕事はこなしてきたつもり)。
そんな私だったので、今の立場(現場リーダー)っていうのは畑違いで
なかなか難しい立場だ。


こないだ 悲劇のヒーローとトラックナンバー - ふものしっぽ
でも書いたんだけど、プロジェクトや会社という組織である以上は
チームプレイが原則であるので、仕事は分担してみんなで仕上げるというのが
理想的な形となる。


ところが理想と現実は色々食い違いがあって、部下の能力が低いおかげで
担当させた仕事を納期までに完了させることができないといった事態が
発生している。
先に書いたように、私がその立場だった場合には納期までに仕上がらない
といった事態は絶対に避けるよう、先手を打って仕事をするのだが、
個人差や個性があるのだから、私だけの価値観を押し付けるわけにもいかない。
かといって作業の責任をなーなーにしていると、結局現場リーダーである
私が責任をとる羽目になる。今日はそのせいで帰りが22時を回ってしまった
のである。
この今のやり方では結局自分で自分の首を絞めることになってしまっている。


そこで、明日からは新たな気持ちで仕事に厳しい嫌われ上司を演じてみようと
思う。

  • 分からないことはすべて自分で調べさせる(教えない)。
  • 分からないのは勉強不足のせい。朝早く出勤する、遅くまで残る、プライベートな時間を削るなり努力させるよう仕向ける。
  • 仕事の成果をすべて報告させる。
  • 成果の仕上がりには私がやった時と同じ精度を要求し、ダメなら何度でもつき返す。
  • 締め切りを自覚、意識させる。仕事に責任を持たせる。

といった基本事項あたりから厳しく責めて行こうと思う。


よくよく考えてみれば、何でも「いいよいいよ」と甘々な態度をとっていたのでは
部下は全く育たない。今後の自分の仕事の効率やプロジェクトのことを考えるなら
ここいらで厳しくしていくことで、最終的にはいい方向へ向かうはずである。