趣味とビジネスの違い

例えばプログラムを修正する仕事が舞い込んできたとして
「短時間でかたが付く作業で行うのか」
「時間はかかるが将来を見すえた修正を加えながら作業を行うのか」
という選択肢があった場合に果たしてどちらを選ぶべきであろうか。


以前までの私だったら確実に後者を選んでいただろう。
修正作業は納得いくまでコツコツと綺麗に行うべきであるという
信仰があったためだ。


しかし、ビジネスとして作業を行う以上、このような仕事のやり方を
していたのではビジネスとしての成功にはたどり着けない。
時間だけを浪費したあげくに見返りも少ないだろう。
いかに利益につなげるかを考えなければならない。


だから、「本当はリファクタリングしておいたほうが将来的に修正が
楽になるのになぁ…」なんて思ったりした場合でも、それはあくまで
趣味として、またはアカデミックな領域としてのみ行うべき領域の
問題であり、ビジネスとしてソフトウェアと向き合う以上は逆に、
「今回修正できなければ、次回修正すればよい」
「出来ないものは出来ないと宣言し、交渉する」
というふうに考え方を転換することが重要である。


ビジネスはビジネスとして割り切って、趣味として好きなだけやるのが
心の健康にはベスト。



教訓:
 趣味=とことん好きなだけやれる。
 ビジネス=あえてやらない。