Amazon VS ブックオフ

エラー


私が考えていたことを言葉にしたようなニュース記事があったので転載。

だが、ここにきてインターネットの普及によって、古本のリサイクル状況にも大きな変化があらわれている。古本屋に本を売るのではなく、オークションまたは「アマゾン」のマーケットプレイスといったようなネットシステムを利用して売却する人が増えてきたのだ。「ブックオフ」に売るよりも多少手間はかかるがネットのほうが高値で売れるケースのほうがはるかに多い。

確かにそうだろうね、高く売れるほうがいいもんね。

 またそれだけではない。「ブックオフ」の100円コーナーなどで安く手に入れた本を、ネットオークションなどで高値で販売する、いわゆる「せどり」を、副業または本業として行うものが増えてきたのである。「せどり」は、かつての時代には本の知識が豊富なプロの業者でなければできないような商売であったが、現代のネット社会ではしろうとでも簡単にそれができる便利なサイトや手法が開発され、それによって利を上げるものがいちじるしく増加している。そのため、「ブックオフ」のいわゆるお宝本はほとんど業者にさらわれてしまい、一般顧客がそれを手に取る機会が減ってきている。

安く買って高く売る中間業者のことを「せどり」って言うんですね。
知らなかった。


インターネットの先には本当に多くの人がつながっていて
ある人にとってはゴミみたいにいらないものでも
それを心から欲しがっている人がいる可能性が高いわけだから、
今後はこういったビジネスモデルが普及していくんだろうな。