ソース修正スタイル

ソースを修正するときは "如何にソースへの変更を少なくするか" に
重きを置いて修正すべきである。例えば自分がよりよいロジックを思いついたとしても、
そのロジックに変更したことにより、デグレが発生する可能性があるからだ。
自分の修正した部分のロジックに対して全てのパターンでテストし切れるか?
という問いかけに対しては必ずしもYesとは答えられないだろう。

如何に既存部分に影響をあたえず的確に修正を加えるか。
これは要するにどれだけソースがしょぼしょぼでも
そのソースを書いたクセに従い、忠実に倣い、
素人さんの書いたソースなら素人さんっぽく、
玄人さんの書いたソースなら玄人さんっぽく仕上げられるかが大事なんじゃないだろうか。

ところで、私はいつもこの作業をするときに葛藤を覚えてしまうんです。
玄人さんの書いたソースなら感銘を受けて心地いい脳の刺激になるのですが、
残念ながらあちゃーなソースに出会ってしまうときもありますよね。
そんなときは…

「あーもっといいロジックがあるのになぁ…」とか
「あーもっとパフォーマンスあげられるのになぁ…」とか
「意味ないなぁここのnew…」とか

いろいろ考えてしまうんですよ。
その雑念を如何に捨てられるかが素敵なSEになれる近道なのかな??